ようこそ、矢部保育園のホームページへ

早寝早起き

矢部保育園は「早寝・早起き・朝ご飯」運動を進めています

  • 子どもたちが健やかに成長していくためには、適切な運動、調和のとれた食事、十分な休養と睡眠が大切です。
  • 最近の子どもたちを見ると、「よく体を動かし、よく食べ、よく眠る」という成長期の子どもにとって当たり前で必要不可欠な基本的生活習慣が乱れてきているようです。
  • この乱れは、学習意欲や体力、気力の低下の要因のひとつとして指摘されています。

朝食を食べないことがある子どもの割合

  • (平成17年度文部科学省委嘱「義務教育に関する意識調査」より)
  • 最近の調査結果では、朝食を食べないことがある子どもの割合は、小学生で15%、中学生で22%に達しています(平成17年度文部科学省委嘱「義務教育に関する意識調査」より)。
    • 朝食を摂るほどよい成績で学業を修めることは、1980年に発表された香川靖雄自治医科大学名誉教授(現在は女子栄養大学副学長)の研究が有名です。
    • 国立教育政策研究所が小中学生45万人に対して行った調査(平成15年度小・中学校教育課程実施状況調査)でもはっきりと相関関係が現れています。

22時以降に就寝する幼児(6歳以下)の割合

  • (ベネッセ教育研究開発センター「第3回幼児の生活アンケート」より)
  • 睡眠については、夜10時になっても起きている就学前の子どもが29%にものぼっています(ベネッセ教育研究開発センター「第3回幼児の生活アンケート」より)。
  • ヒトの「生物時計」は夜更かしなどで狂っていきますが、朝に強い光を浴び、朝食を摂ることで、この生物時計の針が正しく訂正されていくことも、「時間栄養学」の発達で明らかになってきました。

みんなで「早寝・早起き・朝ご飯」に取り組みませんか

  • 昔から、「早寝早起きは三文のとく」といわれています。
  • 時代が変わり、深夜まで営業する大型量販店や24時間営業のコンビニなどがあるなかで、「そんなの古い」と考える方もあるかもしれません。
  • こんな時代だからこそ、「早寝・早起き・朝ご飯」のための努力が、特別に必要になっているのではないのでしょうか。
  • 子どもたちの健やかな成長のために、子どもたちが「早寝・早起き・朝ご飯」ができるよう、手助けしていきましょう。

HTML convert time: 0.009 sec. powered by Quick Homepage Maker 3.37
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional